芸能レジスタンス

旬な芸能情報をお届け♪

さとう珠緒デビュー前篠山紀信に撮られた画像とは?裁判で脳梗塞に!

   

スポンサードリンク

 

 みなさん、こんにちは!

今回はタレントのさとう珠緒さんをご紹介したいと思います。

1993年 週刊ポスト・篠山紀信 画像・裁判・脳梗塞というキーワードで調べていこうと思います。

さとう珠緒 1993年 週刊ポスト 篠山紀信 画像 裁判 脳梗

出典:www.lho.co.jp

スポンサードリンク

プロフィール

 

さとう珠緒 1993年 週刊ポスト 篠山紀信 画像 裁判 脳梗

出典:matome.naver.jp

芸名:さとう珠緒(さとう たまお)

本名:佐藤珠緒(さとう たまお)

年齢:43歳

生年月日:1973年1月2日

出身:千葉県船橋市

出身校:武蔵野外語専門学校 卒業

血液型:A型

身長:156cm

靴のサイズ:22.5cm

所属:ライトハウスと業務提携

 

 

 

ぶりっ子キャラ以前に週刊ポストで大胆披露!

 

さとう珠緒 1993年 週刊ポスト 篠山紀信 画像 裁判 脳梗

スポンサードリンク

出典:www.officiallyjd.com

芸能人はメディア露出が減る期間が続くと、やたら干された!とネットで騒がれがちなのに、さとう珠緒さんは何故かスルーされるみたいです。結局ネットで騒がれるうちが花、ホントに干されると認識する芸能人なら、噂にもならない証拠でしょうか?

さとう珠緒さんは、ぶりっ子キャラで1時代を築いたというくらい。一時は「女が嫌いな女1000人アンケート」により、2年連続1位に選ばれるほど。だからと好感度を意識することをせず、逆手に取ったぶりっ子キャラを突き進みました。そこから異常に嫌われ始め、メディア露出が激減したのかもしれませんが、さとう珠緒さんは予想以上にしぶとく、したたかなことは周知の事実でしょう!

芸能界デビューは1988年、すでに30年近いベテランの域に達します。ぶりっ子キャラはなおさら現在キツイですが、まず芸能界にデビューしたからと、すぐ売れる方が奇跡的な確率です。さとう珠緒さんも例外ではなく、1991年から芸能活動を本格化するとされますが、当初は開店休業状態の苦しい状態が長引き、何度も芸名を変えて活動しています。

やっとチャンスがめぐるのは95年テレ朝系のスーパー戦隊シリーズ「超力戦隊オーレンジャー」のオーピンク役でした。番組が終了してから現在の芸名で活動開始、翌96年に「出動!ミニスカポリス」初代ポリスを務め、やっと知名度を上げるきっかけをつかみます。

しかしミニスカポリスもセクシー路線ですから、かなり芸能活動は崖っぷちは相変わらず。すでに1993年の週刊ポストでは篠山紀信さんの撮影により、全身をさらすグラビアを披露していました。

その画像はネットに残るのか分かりませんが、以前さとう珠緒さんの検索をするだけでもトップレスの画像など、普通にネットで目につくほどでしたから。子どもでも目にしやすい状態になり、さすがに規制されたのでしょう。

さとう珠緒の恥ずかしい画像はこちら① 

さとう珠緒の恥ずかしい画像はこちら②

さとう珠緒の恥ずかしい画像はこちら③

スポンサードリンク

 

 

 

金銭トラブルの裁判が露出が減った理由?

 

さとう珠緒 1993年 週刊ポスト 篠山紀信 画像 裁判 脳梗

出典:topicks.jp

さとう珠緒さんがテレビから姿を消したのは、いつ頃か明確に覚えてないですが「女が嫌いな女1000人アンケート」により2年連続1位に選ばれたのは、だいたい04年から05年くらい。だからと、さとう珠緒さんをその頃から見なくなったわけではなく、むしろ過剰なほどテレビ露出が多い時期でした。おそらく「ぷん! ぷん!」ぶりっ子キャラに徹したのは、この頃かもしれませんので、露出が減ったのは多分10年くらいからと考えられそう。

さらに所属事務所ともめる報道が、目立つようになったのが14年くらい。12年末に元所属事務所の女社長から、さとう珠緒さんは損害賠償請求の民事訴訟を起こされることが明らかになります。国税の追徴課税が払えないと泣きつかれて1300万円を借金し、その半額以上の約1000万円が未返済のまま。加えて美容整形に関する番組出演の1年間契約を、途中で降板した違約金約1800万円、合計の約3000万円を請求するという内容でした。

しかも、さとう珠緒さんは契約上まだ元事務所の所属なのに、他と業務提携で仕事を始めることで契約違反ということでも、当初は同業者から風当たりの強い意見がみられました。

しかし昨15年2月13日、東京地裁はさとう珠緒さんへの賠償請求を棄却、しかし原告は判決を不服として、2月27日に控訴することを発表します。それが7月には高裁も原告の訴えを棄却なので、裁判は終了したことが判明します。

となると当初の報道と、かなり印象の異なる判決になりますが、さとう珠緒さんの方が被害を被ったかに伝わる部分もみられます。まず所属事務所の女社長は11年の震災後に給料未払のまま失踪し、さとう珠緒さんが周囲に頼み込んで、地方のパチンコで営業するドサ回りの状態が続き、これが他と業務提携で仕事を始めることで契約違反になったらしい。

また美容整形の広告塔として顔のリフトアップ、全身麻酔で二の腕の脂肪吸引を受けますが、翌日には腕が腫れ上がり、洋服も着られず、寝返りすら打てないほど。この術後の経過を知り、これは人様に勧めるべきものではないと判断し、さとう珠緒さんは強引に出演をキャンセルします。これら感情のもつれから、金銭トラブルの裁判にまで発展したとみられます。

 

 

 

番組収録の人間ドック体験により脳梗塞が判明!

 

さとう珠緒 1993年 週刊ポスト 篠山紀信 画像 裁判 脳梗

出典:jra-van.jp

裁判により東京地裁は賠償請求を棄却しますが、女社長は当初この判決を不服とし、控訴を発表しただけでなく、さらに週刊誌により、さとう珠緒さんの男性遍歴を暴露するドロ沼化となります。

ただし、さとう珠緒さんの男性遍歴とされても、相手は誰?という程度のものばかりでインパクトに欠け、それほど話題になった記憶はありませんが!

裁判によるストレスから深酒をしがちな日々を送り、さとう珠緒さんはテレビ番組の人間ドック体験により脳梗塞が判明。医師から若くして認知症になる危険性が高いことを宣告され、これはショックを受けて当然でしょうから。

やはり裁判が長引くとダメージが強く、思わぬところに悪影響が考えられるので、さとう珠緒さんも飲酒を控え、健康に気をつける生活を送ることでしょう!

 

 

 

まとめ

 

今回はタレントのさとう珠緒さんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・女が嫌いな女アンケートにより2年連続1位を独走状態!

・ダメージ知らずで「ぷん! ぷん!」ぶりっ子キャラを確立する。

・すでに1993年の週刊ポストにより、かなり大胆なグラビア公開済!

・露出が激減する頃に、金銭トラブルから裁判はドロ沼化!

・ストレスから深酒により人間ドック体験で脳梗塞が判明!

という結果になりました。

オススメ記事

 - アイドル