芸能レジスタンス

旬な芸能情報をお届け♪

竹田恒泰は逮捕されたことがある?結婚した嫁はどんな人?画像あり

   

スポンサードリンク

 

みなさん、こんにちは!

今回は学者の竹田恒泰さんをご紹介したいと思います。

結婚・嫁・逮捕・家系図というキーワードで調べていこうと思います。

竹田恒泰 結婚 嫁 逮捕 家系図

出典:ameblo.jp

スポンサードリンク

プロフィール

 

竹田恒泰 結婚 嫁 逮捕 家系図

出典:7habits.jp

芸名:竹田恒泰(たけだ つねやす)

年齢:41歳

生年月日:1975年

出身:東京都

職歴:慶應義塾大学の憲法学にて非常勤講師 ※13年度まで

出身校:慶應義塾大学法学部法律学科 卒業

所属:株式会社竹田恒泰事務所 ※個人事務所

 

 

 

【結婚報道をスルーされそうな勢い!】

 

竹田恒泰 結婚 嫁 逮捕 家系図

スポンサードリンク

出典:yuchi-affili.com

憲法学と史学の専門家、法学の学士を取得することからも、皇學館大学現代日本社会学部の非常勤講師。さらに13年度まで、母校の慶應義塾大学にて憲法学の非常勤講師として勤めました。また06年には「語られなかった皇族たちの真実」により山本七平賞を受賞するので作家としても活動し、ごく一般的にはタレント活動により存在を広く知られるようになりました。

だいたい13年2月頃からタレント活動を始めたらしく、かつてフジテレビ系お昼の番組といえば「笑っていいとも!」でしたが、人気コーナー「テレフォンショッキング」にゲスト出演をしたことにより、メディア露出が目立つようになります。翌14年のソチオリンピック過ぎくらいまでは、まるでブレイクした芸能人のようにテレビ出演が目立ちましたから。

またタレント活動に熱心になると、同年には復帰したばかりの華原朋美さんにアプローチをしながらも、元AKBメンバーの畑山亜梨紗さんとの熱愛をキャッチされ、二股疑惑から顰蹙を買いました。

それくらいからメディア露出が激減しましたが、昨15年4月19日に一般女性と結婚したことを公式ブログにて報告。竹田恒泰さん自身は嫁について20代とだけ明かしましたが、付き合いのあるミヤネ屋調べによると、嫁は能年玲奈さん似で、若き日の吉永小百合さんのような清楚なタイプだとは驚きです!

また今年3月7日に都内のホテルで結婚披露宴を挙げたと報じられていますが、珍しいほどに祝福されないムードの結婚報道だった記憶が残ります。別に竹田恒泰さんが結婚しようが別れようが、すっかり世間の風当たりは冷たく、まるで感心がない空気が濃厚でした。

 

 

 

【報道された逮捕者とは】

 

竹田恒泰 結婚 嫁 逮捕 家系図

出典:shinbishika-guide.com

一時はブレイクタレントのようにテレビ番組で頻繁に見かけるほど、引っ張りだこの需要があった存在なのに、ここまで竹田恒泰さんは何故嫌われてしまったのでしょうか?

スポンサードリンク

おそらく竹田恒泰さんの発言が、事あるごとに反感を買っていたこともありますが、ごく一般視聴者にとって、やはり苦労して復帰したであろう華原朋美さんに対する態度が原因に映ります。そこまで華原朋美さんのファンというわけではなくても、もともと男性関係では深く傷ついた過去を知られることでも、少々竹田恒泰さんの軽薄さが許せないという見方が強い印象でした。

だから竹田恒泰さんの軽率なところを早く知ることになり、華原朋美さんは必要以上に傷つくことを未然に防ぐことができて良かったでしょう。今となっては、どんなにルーツのすごい家系の出身であろうと、華原朋美さんが相手になってはもったいない!

さらに昨15年はもう1人、竹田恒昭被告が大麻所持により、現行犯逮捕されていることが報じられました。竹田恒昭被告は竹田恒泰さんの従兄弟にあたり、旧宮家という超~ハイソサエティな環境で生まれ育つとしても、立て続けにこのざまでは、むしろ人間として常識や品性を疑われてしまうような言動です。

しかも竹田恒泰さんだけなら個人の人格として、まだ個性にみられる部分はありますが。その従兄弟まで大麻所持の現行犯逮捕となれば、どういう家庭環境なのかと疑問視されてしまうのでは?

 

 

 

【超エリート家系図の旧皇族なのに】

 

竹田恒泰 結婚 嫁 逮捕 家系図

出典:www.youtube.com

もし竹田恒泰さんはごく一般家庭の出身者であろうと、充分に顰蹙を買うような言動が目立ちました。さらに旧宮家の出身ということで、今まで後光効果を発揮したであろう有効性が、一気に裏目に出たような印象でしょう。

まず竹田恒泰さんは旧皇族の竹田家に生まれることで、父親は日本オリンピック委員会の竹田恆和会長という地位のある立場です。これだけでも家系図としてなら、きっと今まで周囲は敬意を払うことが当然だったでしょう。しかし逮捕された竹田恒昭被告は、竹田恆和会長の甥っ子になります。

息子の竹田恒泰さんにしても明治天皇の玄孫にあたるという、素晴らしい家系図により一目置かれたはずで、これまでの経歴にかなり恩恵を受けていたことでしょう。それは父親の竹田恆和会長も同様と考えられ、すっかり家系図に泥を塗るような立場に急展開です。

ましてや日本において旧皇族の家系図に登場するとなれば、最高峰のステイタスだったはずが、竹田恒泰さんの家系により、まったく威力を発揮しないくらいにイメージが変わってしまいました。すっかり竹田恒泰さんは本業であるはずの、学者による立場の発言まで色褪せてしまいそうです。そもそも竹田恒泰さんは旧皇族でなかったら、これほどまでに周囲が興味を示した人材なのかと疑問になってしまいます。

さらにいってしまえば竹田恒泰さんに興味があるというより、旧皇族だからこそ知り得る知識に、多くが耳を傾けたり、関心を寄せただけではないでしょうか?

 

 

 

まとめ

 

今回は学者の竹田恒泰さんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

この記事を書いた結果!

・いいとも出演をきっかけにブレイクタレントのような露出。

・評価が変わるほど、事態が急展開したのは二股疑惑が原因?

・結婚報告に関心が薄く、まったく祝福ムードが伝わらなかった。

・従兄弟が薬物汚染により現行犯逮捕とは言語道断!

・旧皇族という超エリートの家系図のはずがイメージダウンの根源?

という結果になりました。

オススメ記事

 - 学者