芸能レジスタンス

旬な芸能情報をお届け♪

永瀬貴規の兄や父親が支えていた!反則負けで苦渋!彼女はいる?

   

スポンサードリンク

 

みなさん、こんにちは!

今回は柔道家の永瀬貴規さんをご紹介したいと思います。

兄・父親・母・彼女・反則というキーワードで調べていこうと思います。

永瀬貴規,兄,父親,母,彼女,反則

出典:syoshinmono.com

スポンサードリンク

プロフィール

 

永瀬貴規,兄,父親,母,彼女,反則

出典:daliosite.com

選手名:永瀬貴規(ながせ たかのり)

年齢:22歳

生年月日:1993年10月14日

出身:長崎県長崎市

出身校:筑波大学

身長:182cm

所属:旭化成

 

 

 

【姉と兄、仲が良い家庭環境】

 

永瀬貴規,兄,父親,母,彼女,反則

スポンサードリンク

出典:www.sanspo.com

リオオリンピックにも出場する柔道家、81kg級の日本代表の男子選手になります。

得意技は内股、もちろん日本柔道を代表する選手なので、リオの柔道競技では優勝候補の筆頭に数えられます。

ただしオリンピックは初出場なので、まだまだ永瀬貴規さんのことは、一般的に知られない存在でしょう。

しかし昨15年は81kg級で、世界ランク2位を記録します。

さらに世界選手権をはじめ、昨15年は国際試合を含めて、ほぼ優勝を占める実績を残しています。

もともと永瀬貴規さんの大叔父は柔道家であり、その影響から大叔父が師範を務める道場へ、兄と共に6歳から通い始めます。

しかも永瀬貴規さんにとって、兄と柔道を始めたことは大きなプラスに作用します。

会場で兄の試合を観戦することで、上級生の技を覚える場所となり、さらにテレビで試合観戦をして、

当初から研究熱心な姿勢が柔道家として、その後の基礎作りに役立ちます。

さらに両親は永瀬貴規さんの柔道について、おおらかな視点で見守るような家庭環境だった模様。

もともと永瀬貴規さんは姉と兄がいる3人姉弟で育ち、

父親は国家公務員で転勤族なので、子供部屋のない環境だったそうです。

思春期になっても兄弟仲がよく、母親は兄弟ケンカをしている記憶がないほどだと。

永瀬貴規さんが敗戦となっても、父親も母親も叱る真似をしなかったとされます。

それが永瀬貴規さんにとってはプレッシャーにならなかったと考えられそうです。

また高校入学当時から、永瀬貴規さんは活躍するようになり遠征試合が増えますが、

それに母親が必ず同行するようにして、ずっと見守っている選手生活を送りました。

しかも現在の永瀬貴規さんは、大会の賞金などで両親に時計やバック、マッサージ機をプレゼントしてくることを、母親は取材に明かすほど。

さらに電話やLINEで連絡も密にとれる間柄で、とっても親孝行の様子が伝わります。

ただリオに応援に行くだけでも、旅費が100万円も掛かるのが実態らしく、

やはり選手の家族は影ながら大変な苦労をされるのでしょう。

 

 

 

【彼女情報を気にする現状とは】

 

永瀬貴規,兄,父親,母,彼女,反則

出典:netbusiness777.com

オリンピック初出場となれば、柔道家としても永瀬貴規さんは注目の存在となります。

スポンサードリンク

だからといって永瀬貴規さんについて彼女の存在を気にするのは、もしかしたらネット民だけかもしれません。

まず柔道家は、66kg級の男子選手となる海老沼匡さんの場合をみても、

高校時代から柔道の女子選手と交際したようですが、リオオリンピックを迎える前に結婚します。

交際当時から彼女について積極的に表ざたにすることはなく、あまりどの選手についても考えにくいのではないでしょうか?

まずスポーツメディアが執拗に、彼女について質問するようなことはしないので。

そこは芸能記者の取材とは違います。

しかしネット民は芸能記者の視点でしか選手をみれないとなれば、

それは選手に敬意を払う態度なのかと少々疑問になってしまいますが!

もちろんネットで永瀬貴規さんの彼女ネタを発信するのは、すべて個人サイトになります。

しかも柔道の内容というより、ほぼ芸能ネタと変わりないので、そもそも永瀬貴規さんに興味があるという印象が伝わりにくいでしょう。

さらに柔道に興味があるわけでもなければ、ますます残念なネットの現状に映ります。

 

 

 

【疑惑の判定から、まさかの反則負け!】

 

永瀬貴規,兄,父親,母,彼女,反則

出典:www.nikkansports.com

永瀬貴規さんについて知ると、今回リオの代表に選ばれるのが納得の強豪選手だと伝わります。

もちろん日本で代表になれば、メダリスト候補に最有力となりますが、

永瀬貴規さんがリオに内定する道のりは、決して平たんなわけではなかったようです。

リオ代表が確定するまでに、ごく最近にあった出来事で注目されるのは、昨15年12月に東京で開催のグランドスラムになります。

問題の試合は準決勝となり、対戦相手は韓国のイ・スンス選手。

永瀬貴規さんはリードしたまま、中盤に内股を仕掛けます。

しかし永瀬貴規さんの手が足取りの攻撃で触れたとされ、その手の使い方を反則とみなされてしまいます。

そのまま3位の結果になり、大会3連覇を逃すことになるイタイ敗戦を味わいます。

しかも井上康生監督がジュリーに抗議したことで、ビデオチェックを繰り返すと、

永瀬貴規さんの手は、反則とされる手の使い方ではないことが判明します。

審判側は誤審を認めて謝罪しますが、だからと試合判定が覆ることはなく、敗戦の結果に終わります。

その場合は主審より、ジュリーとされる立場の知識や理解度のレベルが疑問になり、いずれにせよ後味の悪い終わり方をします。

日本は過去にオリンピックの舞台で、疑惑の判定により金メダルを逃しています。

永瀬貴規さんの悔しい敗戦を、必ず活かしてオリンピックを満足できる結果で終えてほしいですね!

 

 

 

まとめ

 

今回は柔道家の永瀬貴規さんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

 

この記事を書いた結果!

・リオオリンピック出場の柔道家、81kg級の日本代表の男子選手。

・81kg級では世界ランク2位、リオ前の国際大会はほぼ優勝を飾る強豪選手。

・兄と共に柔道を始めたことが、観戦することで技の研究につながりプラスになった。

・オリンピック初出場により注目度が上がるが、彼女情報に浮かれるのはネットのみ。

・リオ直前の疑惑の判定により反則負けを、オリンピックの審判に必ず役立ててほしい!

という結果になりました。

オススメ記事

 - アスリート