芸能レジスタンス

旬な芸能情報をお届け♪

塩浦慎理はダウン症かも!斜視で目がおかしい!実はハーフ?

   

スポンサードリンク

 

みなさん、こんにちは!

今回は男子競泳選手の塩浦慎理さんをご紹介したいと思います。

ダウン症・斜視・目・ハーフというキーワードで調べていこうと思います。

塩浦慎理,ダウン症,斜視,ハーフ

出典:tobiuojapan.org

スポンサードリンク

プロフィール

 

塩浦慎理,ダウン症,斜視,ハーフ

出典:www.asahi.com

芸名:塩浦慎理(しおうら しんり)

年齢:24歳

生年月日:1991年11月26日

出身:神奈川県伊勢原市

出身校:中央大学法学部 卒業

職歴:株式会社ナガセ入社 ※14年4月より

身長:188cm

体重:89kg

所属:イトマン東進

 

 

 

【選手に敬意を感じられないネット情報とは】

 

塩浦慎理,ダウン症,斜視,ハーフ

スポンサードリンク

出典:nznsms.jp

リオオリンピックの熱戦が繰り広げられ、夢中で観戦する視聴者は多いでしょう。

その最中でも真夏の日本からすると、ブラジルのプールが涼し気に映り、熱帯夜に清涼感を届けてくれます。

もちろん熱戦を目的に視聴するでしょうが、やはり水泳競技だと涼し気で、今の季節であれば心理的に視聴しやすい理由でしょう。

しかも水泳競技は種目が多種多様なので、次から次へと展開されることでも、人気が高い競技となり注目を集めます。

さらに個人だけでなく、メドレーやリレーなど団体競技でも観戦が楽しめます。

そのなかで多くの競泳選手に紛れても、ひときわ存在が際立つので、あの選手は誰だろうと気になっている視聴者が多いのでは?

ヘアスタイルが独特なので、そこからして男子競泳選手の塩浦慎理さんに、つい視線が向かいがちになります。

さらに塩浦慎理さんは名前を表記されても、なかなか読み方に迷ってしまいそうで、なおさら印象に残るという視聴者が多い理由に考えられます。

ただネットは塩浦慎理さんの競泳選手の実績や成績より、他のことばかり注目する人が多いという残念さが伝わります。

まず一番困ってしまうのは、塩浦慎理さんについてダウン症の噂が流れますという、ネットではおなじみの自作自演による発信です。

たいがい誰か、まるで噂するかのように書きますが、まずそこが発信源のことが多く、

たまたまアクセス稼ぎにつながると、それをパクることからダウン症が並んでしまうという、かなり困った状態です。

オリンピック選手がダウン症だったら素晴らしい活躍ぶりですから、

もっと大々的に報じられない理由について、そちらを発信してくれませんか?

きっと、その方がアクセスが稼げますよ!

 

 

 

【同じ立場からの見解を知りたい!】

 

塩浦慎理,ダウン症,斜視,ハーフ

出典:nznsms.jp

さらに塩浦慎理さんについてネットでは斜視について触れ、焦点があってないとは誰の判断でしょうか?

もし焦点があってないと知るなら、その発信者も斜視だからこそ理解を示すということで伝わります。

その場合はオリンピック選手にまで選ばれる塩浦慎理さんの活躍の凄さを、

スポンサードリンク

同じ斜視の立場から語れば、それこそ大好きなアクセス稼ぎが可能になりますよ!

もともと塩浦慎理さんに興味があって発信するのかと、まず疑問になってしまいますが。

それ以前に競泳について興味があるのか、さらにオリンピックについて興味があるのか。

そこからして疑問になる発信になるのではないでしょうか?

そもそも選手に敬意を払うより、まずアクセス稼ぎがしたい私欲にまみれる意識しか伝わらず、とっても残念なネットの現状として伝わります。

 

 

 

【ネットに流れるハーフ説とは】

 

塩浦慎理,ダウン症,斜視,ハーフ

出典:www.city.isehara.kanagawa.jp

塩浦慎理さんは競泳でも、自由形の短距離を専門とします。

だから今回のリオオリンピックで個人の種目別では50メートルと100メートルの自由形、さらに男子4×100メートルリレーの選手として登場します。

すでに2種目を終えて、残るは50メートル自由形になります。

まず塩浦慎理さんは個人ではなく、いきなり男子4×100メートルリレーに出場しています。

日本は第1組となり、ギリギリ予選通過ラインの3位に滑り込みます。

しかし決勝では8位の残念な結果に終わりますが、ただし日本は得意競技でないことから、

男子4×100メートルリレーの決勝進出は、なんと1968年にまでさかのぼることになり、

実はメキシコオリンピック以来とされる、48年ぶりの快挙を達成します。

そして塩浦慎理さんが、すでに出場した100メートルの自由形では予選グループで、残念ながら7位の結果から、決勝進出を果たせず。

あと1つ残る50メートル自由形に集中するでしょうから、50メートル自由形で結果につなげたいと心で強く願うのではないでしょうか?

また塩浦慎理さんの特徴的な外見は髪型に限らず、パッと見の印象からハーフと見間違える意見が多いようですが、

あくまでもハーフっぽい顔立ちの日本人と考えられます。

特にアップになると、顔立ちから日本人だと伝わります。

ただ塩浦慎理さんは遠目にみるほどに、なぜかハーフっぽい顔立ちに映るのは確かなので、

距離によって印象が異なるとは不思議な現象かもしれません。

さらにヘアスタイルが独特なので、日本人の感性なのかと不明になり、そこもハーフ説が流れやすい理由かもしれません。

しかし塩浦慎理さんについて、いずれもメディア記事を中心に触れられることはなく、

ハーフ説を発信するのは個人サイトばかりなので、限りなく信憑性について怪しく、根拠のない噂どまりの可能性が高いでしょう。

 

 

 

まとめ

 

今回は男子競泳選手の塩浦慎理さんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

 

この記事を書いた結果!

・リオオリンピックに出場した競泳の男子選手の1人、個性的な外見が目をひく。

・日本代表の選手なのに、まったく敬意を払えないネットの実態はモラルを問われる。

・ネットに流れる斜視やダウン症など、明らかに個人による自作自演の悪質な情報。

・自由形の短距離を専門とし、リオでは100メートルリレーで快挙を達成するメンバー。

・個性的な髪型から目立つが、なぜかパッと見はハーフっぽいのでネットで噂になる。

という結果になりました。

オススメ記事

 - アスリート