芸能レジスタンス

旬な芸能情報をお届け♪

羽田圭介は鳥ハムで体作り!芥川賞で年収や印税の変化が気になる!

   

スポンサードリンク

 

みなさん、こんにちは!

今回は芥川賞作家の羽田圭介さんをご紹介したいと思います。

芥川賞・鳥ハム・筋肉・年収・印税というキーワードで調べていこうと思います。

 

羽田圭介,芥川賞,鳥ハム,筋肉,年収,印税

出典:朝日新聞デジタル

スポンサードリンク

プロフィール

 

羽田圭介,芥川賞,鳥ハム,筋肉,年収,印税

出典:芸能エンタメ情報!マゴッチ!

芸名:羽田圭介(はだ けいすけ)

年齢:30歳

生年月日:1985年10月19日

出身:東京都生まれ、埼玉県北葛飾郡松伏町育ち

出身校:明治大学商学部 卒業

 

 

 

【芥川賞作家の活躍ぶり】

 

羽田圭介,芥川賞,鳥ハム,筋肉,年収,印税

スポンサードリンク

出典:Naverまとめ

日本の文学の最高峰とされる芥川賞と直木賞は、上半期と下半期に分けられ、年2回の発表になります。

だから意外と芥川賞作家た直木賞作家は頻繁に登場し、その授賞式前後に注目されるだけで、消えてしまう存在の方が多く占めるようです。

だから芥川賞作家になろうと、専業で作家で生計を立てられない人が大多数だと、芥川賞作家の羽田圭介さんはテレビ出演時に話していました。

羽田圭介さんが芥川賞を受賞したのは「スクラップ・アンド・ビルド」により、15年の出来事でした。

くしくもお笑い芸人の又吉直樹さんによる大ベストセラー「火花」と、同時受賞となります。

さすがに又吉直樹さんは芸人ながら、芥川賞を受賞する快挙は脚光を浴びました。

それと同時受賞した羽田圭介さんも同じように取り上げられる機会が多く、ただ羽田圭介さんに関して、どうしても一時的なブームであろうと当時は予想されました。

しかし従来の芥川賞作家のように、羽田圭介さんは埋もれてしまうことはなく、異色な存在でしょう!

しかも同じ芥川賞作家の又吉直樹さんと、ちょうど相乗効果のように機能し、新しい文化人枠的な活躍をみせます。

従来の芥川賞作家であれば、その後もテレビ露出が続くことはありませんでした。

しかし羽田圭介さんはその後もメディア露出が続き、テレビに頻繁に出演が目立つと報じられ始め、すでに1年が過ぎようとしますが、今もメディア露出は目立ちます。

しかも文化人のような出演ばかりにこだわらず、羽田圭介さんは柔軟にバラエティー番組の出演が特徴的です。

キャラとして個性派でもなじみやすいのか、まるで芸人並みにバラエティー番組での活躍が目立つ存在でしょう。

 

 

 

【筋肉質の身体づくりのこだわり】

 

羽田圭介,芥川賞,鳥ハム,筋肉,年収,印税

出典:Twitter

羽田圭介さんは芥川賞を受賞した昨15年は、特にメディア露出が目立ち、数々のバラエティー番組に出演していました。

まるでブレイク芸人のようなテレビ露出量でしたが、そこで明かした羽田圭介さんの私生活のスタイルがユニークなことが注目されます。

まず羽田圭介さんは食生活の特徴として、外食がわずらわしいので自炊派です。

また毎食ごとに調理するのが面倒なので、一度に大量に作り置きができることを理想とします。

だから1度の調理で大量に作り、それを何日もかけて食べるのがライフスタイルになります。

スポンサードリンク

自然とカレーのようなメニューがメインになるみたいですが、あと羽田圭介さんの好物はゆで卵と、鳥ハムだそうです。

特に鳥ハムは羽田圭介さんのお気に入りらしく、毎日食べる習慣があり、ほぼ毎食食べるほど。

羽田圭介さんによると鳥ハム説は栄養価が高く、動物性タンパク質が摂取できるということでも、お気に入り食材だと。

さらに羽田圭介さんは健康維持と、作家活動の気分転換に、筋トレをおこなうことが毎日の習慣。

だからバラエティー番組の出演時にも、視聴者の間で、羽田圭介さんが筋肉質なマッチョぶりが話題になっていました。

もともと幼少期に車にひかれた経験から、筋トレにはまる理由になるみたいです。

高校時代は毎日放課後に40kmも、自転車で走るトレーニングをしていたほどで、当時は将来の夢に実業団選手をめざしていたそうです。

しかし現在は売れっ子作家をめざしているそうですが、やはり健康維持や気分転換レベルに映らない、ストイックな筋トレぶりでした。

羽田圭介さんの筋肉質な身体を、鳥ハムの動物性タンパク質が支えているというわけです。

 

 

 

【すでに年収や印税はトークネタ?】

 

羽田圭介,芥川賞,鳥ハム,筋肉,年収,印税

出典:CONNECTA

羽田圭介さんは芥川賞受賞をきっかけに、芸能界でも活躍することで、新たな好奇の視線を向けられるようです。

羽田圭介さんの年収や印税について、注目されているとあちこちで発信しています。

いくつ確認しましたが、正直なところ羽田圭介さん自身が年収や印税について、本人が告白することだけが情報ではないでしょうか?

むしろ羽田圭介さんが言葉にする情報より、そこからの推論だらけで、

しかもその判断が羽田圭介さんは儲けて潤っているというタイプと、あの利権が絡むから、実はあまり印税が入らないらしいと。

だから思うほど手元に残らないから、結局はタレント活動で稼いだ方が効率がいいという考え方になると。

羽田圭介さんの意見ではなく、発信者の考えなので、どれもこれもあまり参考になりませんでした。

これで年収や印税が知りたい人の情報収集になるのか、はたして謎です!

共通して羽田圭介さんの発言にだけ注目してみると、昨年のテレビ出演を中心に発言しますが、年収は400万円前後と本人が明かしています。

そして芥川賞の賞金は100万円、昨15年11月時点「スクラップ・アンド・ビルド」の印税は2,200万円。

そして、これもいろんなところで発言していますが、羽田圭介さんいわく本を1冊書くと80万円くらいで、テレビ番組の出演料なら一度に10万円から20万円。

だからテレビ出演の数回分で、本の1冊分を稼げるので効率よく収入になると。

また羽田圭介さんはその当時の家賃を78,000円のワンルームとしていますが、

事務所に所属せずに、マネージャーも居ないので、確かにテレビ出演のギャラはそのまま収入になるということでしょう。

おそらく羽田圭介さんの現時点は、印税より出演ギャラの方が、年収の多くを占めそうです。

 

 

 

まとめ

 

今回は芥川賞作家の羽田圭介さんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

 

この記事を書いた結果!

・15年「スクラップ・アンド・ビルド」により、お笑い芸人又吉直樹と芥川賞を同時受賞。

・芥川賞を受賞をきっかけにバラエティ番組に進出する珍しいケース、今も露出が多い。

・まるでブレイク芸人のようにバラエティ番組に引っ張りだこ、作家活動と兼業を続ける。

・こだわりのライフスタイルで筋トレが習慣、筋肉質の身体を毎日食べる鳥ハムが支える。

・年収や印税を包み隠さずに明かし、いろんなバラエティ番組などで発言している。

という結果になりました。

オススメ記事

 - 作家