芸能レジスタンス

旬な芸能情報をお届け♪

原泰久の年収は数千万!自宅は福岡県大野城市にある!嫁はまだいない?

   

スポンサードリンク

 

みなさん、こんにちは!

今回は漫画家の原泰久さんをご紹介したいと思います。

キングダム・井上雄彦 対談・福岡 大野城市・嫁・年収というキーワードで調べていこうと思います。

 

原泰久,キングダム,井上雄彦 対談,福岡 大野城市,嫁,年収

出典:フォト蔵

スポンサードリンク

プロフィール

 

原泰久,キングダム,井上雄彦 対談,福岡 大野城市,嫁,年収

出典:竹野内おさむの『まじめ』

芸名:原泰久(はら やすひさ)

年齢:41歳

生年月日:1975年6月9日

出身:佐賀県三養基郡基山町

職歴:システムエンジニアとして就職、3年間の社会生活を経験して27歳で退職。

出身校:九州芸術工科大学 卒業 ※現・九州大学

血液型:A型

 

 

 

【キングダムの漫画家】

 

原泰久,キングダム,井上雄彦 対談,福岡 大野城市,嫁,年収

スポンサードリンク

出典:ナタリー

あまり漫画に興味がなかったり、詳しくない人でも「キングダム」のことは、タイトルくらいは知っているという人が多いのでは?

「キングダム」は現在も週刊ヤングジャンプに連載されますが、06年9号より連載が始まり、もう10年間にわたり続く大ヒット作になります。

中国の歴史漫画の雰囲気ですが、春秋戦国時代が舞台になります。

主人公は2人いて大将軍を目指す少年の信と、後に始皇帝となる秦国の王・政を中心に、戦乱の物語が描かれます。

また第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作ということでも知られますが、もともと原泰久さんは「SLAM DUNK」や「バガボンド」を描く、漫画家の井上雄彦さんのアシスタントでした。

編集者に紹介され、原泰久さんは05年春からアシスタントを務めましたが、翌年には「キングダム」の連載が開始されます。

連載が決まってから、武者修行でアシスタントを務めたらしく、それがきっかけで原泰久さんは井上雄彦さんと親しい間柄のようです。

登場人物を描きながら感情移入するのが、漫画家とは激しいものらしいのです。

だから誰か亡くなるストーリーであれば、絵を描きながらも原泰久さんは泣いてしまうことを、井上雄彦さんとの対談で明かしたそうです。

そのくらい強いがあって漫画は作品として世に出ることから、多くの読者に支持される秘密が伝わる気がしますね!

 

 

 

【自宅が仕事場になる?】

 

原泰久,キングダム,井上雄彦 対談,福岡 大野城市,嫁,年収

出典:ナタリー

作品のファンが知りたいのかわかりませんが、原泰久さんの自宅について、ネットで検索する人が多いみたいです。

原泰久さんは出身が佐賀県三養基郡基山町であり、大学が現在の九州大学であることでも、活動拠点が九州のままであろうとは察せられます。

しかし、それ以上を知りたがるとなればファンなのか、それともネットのアクセスを稼ぎたいのか知りませんが、作品以上にプライベートを知りたくないという人も相当数いるでしょう。

できれば作品の世界観やイメージに影響を及ぼすのであれば、知りたくないという考えこそ、真のファンという印象を与えます。

ただし原泰久さんは仕事場を、福岡県大野城市に構えることだけはメディア取材に答えています。

スポンサードリンク

仕事場と自宅は別の場合もあるので、それ以上は個人情報なので、さすがに原泰久さん自身が明かしてないこと以上を知りたがるのは、果たしてファンでしょうか?

また原泰久さんの自宅を知って、何の意味があるのか分かりませんが。

なぜかネットで有名人の自宅を、原泰久さんに限らず、やたら探る人は自分がされたら嫌じゃないのでしょうか?

 

 

 

【漫画家の嫁とは】

 

原泰久,キングダム,井上雄彦 対談,福岡 大野城市,嫁,年収

出典:九州国立博物館

さらに原泰久さんについて、嫁がいるのか気にするのは、これも漫画の作品について純粋なファンであれば、何の意味があって知りたがるのか、そちらの方が不思議ですが!

あまり作品制作する人は、むしろ素顔を知らないままにしてほしいという希望が多いのに、なぜかネットでは徹底的に私生活まで調べようとします。

そうなると、やはり原泰久さんの作品のファンというより、私利私欲によるアクセス稼ぎに結び付けたいという発想が理由ではないでしょうか?

ただし嫁についても、原泰久さんは過去のメディア取材で、既婚者であることを明かしています。

さらに嫁は福岡県久留米市の出身らしいので、原泰久さんは九州の北部を中心に生活のベースをおいて、作品制作に打ち込むのは確かなようです。

もし嫁がいると分かれば、気が済むのかも不思議な気はしますけど。

それで作品について、何かしら印象が変わるとでもいうのでしょうか?

 

 

 

 

【大ヒット作となれば高年収!】

 

原泰久,キングダム,井上雄彦 対談,福岡 大野城市,嫁,年収

出典:シネマカフェ cinemacafe.net

自宅の所在地と嫁など家族情報を知ったら、次に原泰久さんの年収について知りたいという発想に陥るのか、それも謎になります。

今はネットが普及したことで、人のことを過剰に知りたがる傾向が強まるそうです。

しかし自分のこととなると、過剰に隠したがる人が多いという矛盾を抱えます。

原泰久さんの年収についても、同じように興味の持ち方が、よく表れているのではないでしょうか?

すでに原泰久さんが描く「キングダム」は漫画であろうと、大ベストセラーと考えられます。

「キングダム」の単行本の累計発行部数は、2000万部以上を記録しているので、それなりに高年収であろうと察せられます。

しかし「キングダム」を描くことで原泰久さんは、とりつかれたように描き続けることで、佳境になるとほとんど寝ない生活をしていたそうです。

それで心臓を悪くしているので、原泰久さんは素晴らしい作品を残すことでも、

それに釣り合うだけの報酬を充分に得て、高年収であってほしいと願うファンは多いのではないでしょうか?

 

 

 

まとめ

 

今回は漫画家の原泰久さんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

 

この記事を書いた結果!

・大ヒット漫画作品「キングダム」の作者となる漫画家、06年9号より連載が開始される。

・現在も週刊ヤングジャンプに連載中、登場人物に感情移入するので描きながら泣くほど。

・「SLAM DUNK」や「バガボンド」を描く、人気漫画家の井上雄彦のアシスタントを経験。

・ネットでは私生活を調べる人が多く、自宅や嫁のこと、さらに年収についても調べる。

・しかし作品のファンは作者のことを、根掘り葉掘り知りたがる人ばかりではないのでは?

という結果になりました。

オススメ記事

 - 漫画家