芸能レジスタンス

旬な芸能情報をお届け♪

中野瑞樹はフルーツしか食べない!果物だけでも肌がきれい!

   

スポンサードリンク

 

みなさん、こんにちは!

今回フルーツ研究家の中野瑞樹さんをご紹介したいと思います。

フルーツ・果物・肌・東大・京大・マツコというキーワードで調べていこうと思います。

 

中野瑞樹,フルーツ,果物,肌,東大,京大,マツコ

出典:和歌山経済新聞

スポンサードリンク

プロフィール

 

中野瑞樹,フルーツ,果物,肌,東大,京大,マツコ

出典:Tokyo FM

芸名:中野瑞樹(なかの みずき)

年齢:40歳

生年月日:1976年生まれ

出身:和歌山県

職歴:元東京大学工学部の教員、元アメリカ海洋大気局の客員研究員

出身校:京都大学農学部水環境工学 卒業 ※農学修士

身長:172cm

体重:51kg

趣味:神社参拝、紙工作

所属:いちゑプロモーション

 

 

 

【フルーツ中心の食生活の理由】

 

中野瑞樹,フルーツ,果物,肌,東大,京大,マツコ

スポンサードリンク

出典:Shining News

タレントなど芸能人ではないので、まったく中野瑞樹さんのことを知らないとしても、当然のことかもしれません。

中野瑞樹さんは、身体を張るフルーツ研究家と自称します。

まるで新人芸人のような印象を与えますが、むしろ理論的で真面目な研究者になります。

まず中野瑞樹さんは京都大学農学部で学ぶとは、かなりフルーツ研究家ということに説得力が違ってきます。

ちゃんと意味がある上で、身体を張るフルーツ研究家と自称します。

もともと幼少期に「野生の王国」という番組をみて、絶滅動物のことを知ります。

そこから人と野生動物の共存を考えるようになり、人間と野生生物が共存するために、樹木を増やす必要性から砂漠緑化の研究をめざすところから始まります。

さらに中野瑞樹さんは樹木を増やす視点から、フルーツ消費を上げる重要性に気づき、04年からフルーツの魅力を伝えるセミナーを開始します。

05年には東京大学教員を辞職し、そこから独立してフルーツ研究家の本格的な活動を始めます。

主に講演や研修を中心に活動を展開しますが、多方面に広がりをみせます。

さらに自身でも09年9月からフルーツを主食に、果実だけの食生活実験を始めています。

つまりフルーツを中心とした食生活を6年間以上も継続することでも、注目を集める存在になります。

 

 

 

【フルーツ効果は美肌が代表的!】

 

中野瑞樹,フルーツ,果物,肌,東大,京大,マツコ

出典:ライブドアニュース – Livedoor

なぜ中野瑞樹さんはフルーツ中心の食生活を始め、それを続けるのか、少々不思議に思うかもしれませんね。

これは、フルーツを食べ過ぎたらどうなるのかという視点からも、フルーツがもたらす効果など、わが身をもって調べることを始めたわけです。

だから中野瑞樹さんは、単なる目立ちたがり屋だとか、メディアから注目を集めるために突飛なことを始めたわけではなく、

ちゃんと真面目な考えに基づいた研究として続けることでも、身体を張るフルーツ研究家という言葉のまま行動に移すわけです。

確かに、なかなかチャレンジしにくい研究なので、どんな成果があるのか興味深い内容でしょう。

それにフルーツを食べるということは、誰にでもチャレンジしやすい行動ですが、それだけを食べ続けることは難しいことです。

その結果、すでに中野瑞樹さん自身に特徴が現れ、まずスリムな体型維持が可能になります。

だからと弱々しいわけはなく、取材であった印象ではパワフルで驚くほどだという感想がみられます。

スポンサードリンク

さらにフルーツ効果というべきは、素肌がツヤツヤになることでも、ハリのある美肌に気づく人が多いようです。

ただし素肌に黄色みが強まり、これはフルーツがもつ天然色素のカロチノイドの影響だそうです。

だから黄疸などの病気とは無関係ですが、そんな影響も中野瑞樹さんのような食生活をしないと、なかなか知り得ない情報でしょう!

 

 

 

【京大から東大へ、最高学府の知識】

 

中野瑞樹,フルーツ,果物,肌,東大,京大,マツコ

出典:東洋経済オンライン

さらに中野瑞樹さんいわく、フルーツ中心の食生活になってから風邪をひいたことがないのだと!

つまりフルーツを食べることで免疫力が高まると考えられ、

中野瑞樹さんの身体を張る研究から、フルーツによる具体的な健康効果が伝わりやすいですね。

ここまでやるのは、さすがに研究者だからこその成果でしょう。

中野瑞樹さんはフルーツ中心の食生活について、ブログ「東大教員を辞めて、2500日フルーツ物語」にも効果などを綴ります。

もともとは砂漠緑化の研究者をめざすことでも、まず京都大学農学部の水環境工学に進学します。

さらに在学中に、アメリカ国立海洋大気局にて、客員研究員として従事した貴重な経験値が活かせる立場でもあります。

その経験の積み重ねから01年から4年間にわたり、東京大学工学部の経営工学系において教員の勤務をしていました。

その当時03年に樹木を増やすことを考えると、健康についても関係が深いことから、

WHOなど代表的ですが国連までが勧めるフルーツ消費について着目したことが、

現在のフルーツ研究の活動を本格化することにつながります。

研究者による研究過程について、なかなか一般的に伝わらない部分なので、中野瑞樹さんの活動は注目される理由になりそうです。

 

 

 

【マツコと共演は大反響!】

 

中野瑞樹,フルーツ,果物,肌,東大,京大,マツコ

出典:Spotlight

特に、中野瑞樹さんが注目されることになるきっかけは、昨15年TBS系の人気番組「マツコの知らない世界」に、9月1日放送分に出演します。

その番組出演時「6年間フルーツしか食べずに生きている男」と紹介されました。

なかなか中野瑞樹さんのような食生活に遭遇する機会はないので、視聴者にも大きな衝撃を与えることになりました。

その反響の大きさから、メディアの注目度が高まります。

ただしマツコさんとの共演で中野瑞樹さんのことを、小柄と思い込む人が多く、さらに実際は元気そうだと驚かれるそうです。

さすがにマツコさんと並ぶと、ほとんどが勘違いされるのではないかと、中野瑞樹さんによる感想になります。

しかも中野瑞樹さんの場合、フルーツ以外を口にしない徹底ぶりにも、なかなか驚かされます。

つまりフルーツ以外ということで、水やお茶も一切口にしないほど。

常にスイカのような水分の多めのフルーツをカットして、容器に入れて携帯することで水分補給します。

だから1日のフルーツ摂取量は、冬場であればミカンのような柑橘類が主食となり、1キロ程度ではないかと。

さらに夏場はスイカが主食となり、2キロ程度ではないかということです。

だからフルーツによるエンゲル係数をみたら、中野瑞樹さんは日本一だろうという主張ですが、それは納得しますね!

 

 

 

まとめ

 

今回フルーツ研究家の中野瑞樹さんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

 

この記事を書いた結果!

・芸能人でないので一般的に知られる存在ではないが、かなり異彩を放つ個性に驚くほど。

・09年9月からフルーツの果実だけの食生活実験を始め、6年間以上フルーツのみの生活。

・フルーツ効果を身をもって実験するので、身体を張るフルーツ研究家として唯一の存在。

・もともと砂漠緑化をめざす研究が始まり、京大で学び、東大の教員として務めた経験者。

・マツコと番組共演は反響が大きく、ツヤツヤな素肌などフルーツ効果を視聴者に伝える。

という結果になりました。

オススメ記事

 - 研究家