芸能レジスタンス

旬な芸能情報をお届け♪

真島茂樹はバイなの?松平健のマツケンサンバの振り付けでブレイク!

   

スポンサードリンク

 

みなさん、こんにちは!

今回は振付師でダンサーの真島茂樹さんをご紹介したいと思います。

ダンス・松平健・おねえ・バイ・結婚・相撲というキーワードで調べていこうと思います。

 

真島茂樹,ダンス,松平健,おねえ,バイ,結婚,相撲

出典:Naverまとめ

スポンサードリンク

プロフィール

 

真島茂樹,ダンス,松平健,おねえ,バイ,結婚,相撲

出典:Yahoo!ブログ

芸名:真島茂樹(まじま しげき)

旧芸名:真島茂夫(まじま しげお)

年齢:62歳

生年月日:1954年3月22日

出身:栃木県宇都宮市

職歴:ダンサーとして日劇ダンシングチームに所属するが、81年に日劇が閉館。

出身校:私立東京商業高等学校 卒業

血液型:A型

身長:180cm

体重:70kg

趣味:観劇

特技:振付、クラシックバレエ、日本舞踊、ダンス ※モダン、タップ、ジャズ

所属:三喜プロモーション

 

 

 

【きっかけは松平健のマツケンサンバ!】

 

真島茂樹,ダンス,松平健,おねえ,バイ,結婚,相撲

スポンサードリンク

出典:真島 茂樹 オフィシャルサイト

お茶の間でも「マジー」の愛称で親しまれ、真島茂樹さんはダンサーながらタレント活動に進出することからも、

画面に映ると、ついつい見てしまう視聴者は多いでしょう。

ただ真島茂樹さんのようなダンサーや振付師とは、なかなか表舞台に出ないイメージがあります。

だから真島茂樹さんの経歴に注目すると、ずっとダンサーとして活躍するのに、

バックダンサーのような立場がメインとなれば、なかなか世に出る機会に恵まれなかったのでしょうか?

しかし今ではお茶の間でも「マジー」と親しまれ、大人から子供まで知るような存在になりました。

そのきっかけは、やはりマツケンサンバでしょう!

マツケンサンバが社会現象のように大ヒットした頃は、名優でありながら松平健さんまでが、

メディアに引っ張りだこになるくらい、すさまじい勢いがありました。

さらにマツケンサンバを振り付けた真島茂樹さんの存在に、やっと脚光が当たるようになります。

ダンスをすることからテレビに映るだけでも、

視線を惹きつける動きによる身のこなしとなり、自然とにじむのかもしれません。

やはり長年培われてきたキャリアは、真島茂樹さんをみても強みになり、

その魅力からマツケンサンバの振付師として、真島茂樹さんは抜擢されたのでしょう。

 

 

 

【マツケンサンバのダンスで個性を発揮!】

 

真島茂樹,ダンス,松平健,おねえ,バイ,結婚,相撲

出典:東三河のコンデジ野郎 – ココログ

松平健さんのダンスは一世を風靡するほど知られましたが、

正確には「マツケンサンバII」とされ、振り返ると04年の出来事になります。

だから気づいたら、すでに12年も前の出来事で、きっと子供時代に夢中になって踊った思い出がある人が多いでしょう。

もともとマツケンサンバは、松平健さんの代表作となる時代劇を連想させる、和服姿が衣装になります。

だから日本舞踊がベースの振付とされ、そういわれると日本舞踊を思い出すダンスが登場します。

さらにマツケンサンバは、松平健さんがダンサーを引き連れて踊ることでも、日本舞踊がベースになるとはいえ、ひときわ華やかさが際立ちます。

スポンサードリンク

そのバックダンサーのなかでもメインパートを躍るのが真島茂樹さんになります。

真島茂樹さんはマツケンサンバの当初から、おねえキャラ全開で個性を放っていました。

その、おねえキャラの魅力と共に、マツケンサンバがヒットするに従い、注目度の高さに結び付きました。

ネットでは真島茂樹さんに、おねえの噂があるとされますが、むしろ自らバイであることを公言するくらいオープンにしています。

しかしネットではなぜか噂があると、わざわざ遠回しな言い方をするのが、少々違和感として伝わります。

 

 

 

【結婚歴はなそうだけど】

 

真島茂樹,ダンス,松平健,おねえ,バイ,結婚,相撲

出典:気になる.com

もし本人が、おねえ疑惑をかけられることを困惑するなら、ネットで噂をするとされても分かります。

しかし真島茂樹さんの場合は、むしろ本人からオープンにするのを、わざわざ陰でささやく必要があるのか、まったくわかりません!

真島茂樹さんは、おねえやバイの生き方を満喫するように映り、好印象をもたれる理由になりそうです。

それなのに結婚をしているのか?など、私生活についてもネガティブな視点により注目する雰囲気には、さすがに違和感があります。

なんとなく真島茂樹さんに限らず、おねえに関して男性の方が偏見があるのか、ちょっと後ろめたい言動であるかの扱いがネットでも目立ちます。

むしろ女性は、おねえの友達が欲しいというくらいなので、かなり好意的に受け止める人が多い印象です。

だから真島茂樹さんが結婚しているのか、そんなに重要に感じませんし、結婚以上にもっと興味深い生き方という選択肢に映ります。

やはり女子の方が美しいものに敏感なので、真島茂樹さんのダンサーで培われた身のこなしに、

魅かれるものがあるからこそ、生き方にも抵抗がない女子が多い気がします。

真島茂樹さんのようなタイプには、私生活で結婚するかという興味より、ほかに魅かれるところが多い人柄ではないでしょうか?

 

 

 

【大相撲九州場所は毎年恒例!】

 

真島茂樹,ダンス,松平健,おねえ,バイ,結婚,相撲

出典:真島 茂樹 オフィシャルサイト

真島茂樹さんは大相撲好きで知られ、ブログにも大相撲九州場所にいくのが、毎年恒例であることを明かしています。

真島茂樹さんにとって1年の楽しみの時間になるのが、大相撲の九州場所のようです。

さらにTwitterでも、一般の入場者に真島茂樹さんが観戦する模様について、

目撃情報が相次ぐほどなので、実際に足を運んでいる様子が伝わります。

テレビ中継でも真島茂樹さんが、マス席で見る姿が映り込んだりと、かなり熱心な大相撲ファンというのは確実でしょう。

大相撲をみに会場へいったら、もしそこで真島茂樹さんに遭遇したら、ますますお得感が高い機会になりそうです。

特に九州場所まで足を運ぶには、お気に入りの力士とか関係するのでしょうか?

あまり仕事につなげてない印象からも、真島茂樹さんの大相撲好きは、なおさら愛が深いかもしれません!

 

 

 

まとめ

 

今回は振付師でダンサーの真島茂樹さんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

 

この記事を書いた結果!

・お茶の間でも「マジー」の愛称で親しまれるが、振付師もこなすダンサーとして活躍。

・世に出るきっかけが松平健のマツケンサンバ、しかし一世を風靡したのは12年も前!

・マツケンサンバは振付だけでなく、ダンサーとしても参加したことから注目を浴びる。

・本人がバイであることを公言するのに、何故かネットでおねえについて噂が流れされる。

・結婚より生き方を貫き、大相撲をこよなく愛することで、観戦する姿を目撃されている。

という結果になりました。

オススメ記事

 - ダンサー