芸能レジスタンス

旬な芸能情報をお届け♪

小西洋之が国会で居眠りし炎上!落選してほしいと言われる!

   

スポンサードリンク

みなさん、こんにちは!

今回は政治家の小西洋之さんをご紹介したいと思います。

落選 無能・炎上 居眠り・クイズ王・安倍総理というキーワードで調べていこうと思います。

小西洋之,落選 無能,炎上 居眠り,クイズ王,安倍総理

出典:Twitter

スポンサードリンク

プロフィール

 

小西洋之,落選 無能,炎上 居眠り,クイズ王,安倍総理

出典:SYNODOS

芸名:小西洋之(こにし ひろゆき)

別表記:小西ひろゆき

年齢:44歳

生年月日:1972年1月28日

出身:徳島県徳島市

職歴:国家公務員 ※郵政省と総務省

出身校:徳島大学医学部は中退、東京大学教養学部 卒業、コロンビア大学国際・公共政策大学院修士課程に入学、修士号を取得

趣味:空手、テニス、サッカー

所属:民進党

 

 

 

【今から落選予告?】

 

小西洋之,落選 無能,炎上 居眠り,クイズ王,安倍総理

スポンサードリンク

出典:Iwj

普段から政治に興味があれば知っている存在でしょうが、なかなか選挙区でないと、ごく一般視聴者であれば、どうしても国会議員の名前とは、選挙速報でみるだけの印象です。

だから小西洋之さんの名前をみて、俳優で同姓同名の人がいるけど別人かと疑問が、まず浮かぶ人が多いのでは?

さらに同姓同名は他にも有名人で存在するみたいなので、なおさら参議院議員の小西洋之さんについて混乱してしまいますが。

もしかしたら次は落選する可能性が考えられるので、そのくらいネットでは酷評ばかりが並びます。

小西洋之さんは有権者にとって、残念ながら支持率が低いのは明らかで、無能さばかり目立つらしい。

しかしネットの辛辣な反応に比べて、経歴からは無能な印象を与えないので、そのギャップの激しさはなかなかインパクトがあります。

ただ小西洋之さんのように経歴が見栄えだけはいいと、本人が無能さに気づいてないことが多いので、性質の悪い存在でしかありません!

まさに小西洋之さんはそうなってしまいそうで、有権者にとって無能であると伝えることは仕方ないのかもしれません。

落選を実現させるには、多くの有権者に無能さを伝える役目をネットが果たしているのかもしれません。

 

 

 

【典型的な無能ぶりは居眠り!】

 

小西洋之,落選 無能,炎上 居眠り,クイズ王,安倍総理

出典:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

特に政治家に注目していなくても批判を買いやすいとすれば、だいたい国会中に居眠りをするのは止めてほしいと、真っ先に思い浮かぶでしょう。

まさに小西洋之さんについて、ネットによる無能ぶりの指摘とは居眠りから始まり、炎上騒動になるほど!

今はネットでダイレクトに送れるので、もし本人が目にしなくても、

周囲が知ってしまうこともあり、さらに評価の拡大は止められなくなってしまいます。

しかも国会中の居眠りとか、無能議員の初歩の初歩に注意すべき点でしょうから、それさえ守ることができないなら、やはり大っぴらに無能呼ばわりされてしまうのは避けられない、ご時世でしょう。

スポンサードリンク

ただ今まで、散々威張っていた立場の人ほど炎上しやすいことでも、

小西洋之さんもそれに通じるから、どこか油断から国会の大切な場面でこそ居眠りしてしまうような失態を、有権者にみられてしまう理由になりそうです。

早めに釘をさすにも、無能議員に限ってはネットは機能していると考えられそうです。

 

 

 

【国会のクイズ王!】

 

小西洋之,落選 無能,炎上 居眠り,クイズ王,安倍総理

出典:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

さらに小西洋之さんについてネットで無能ぶりといわれるのは、昨16年2月にはテレ朝の深夜の名物番組ともいえる「朝まで生テレビ!」に登場します。

そこでは当時のことになってしまいますが、憲法改正について激論が繰り広げられました。

だいたい当時は憲法9条改正や、集団的自衛権についてテーマに議論される機会が多く、それに対して小西洋之さんはパネリストとして登場しました。

そもそも国会議員は恥ずかしげもなく、テレビにのこのこ登場すると、ろくでもない存在だと伝わってしまいます。

まさに小西洋之さんは過去のことまで蒸し返されてしまう事態に陥り、

13年当時に「国会クイズ大会事件」と嘲笑れてしまう出来事をおこした、その張本人になります。

もしかしたら小西洋之さんの名前を聞いても分からないという人でも、

国会のクイズ王とおちょくられた事件なら、覚えている!という人が多いかもしれません。

それと同じことをMCの田原総一朗さんにやられてしまい、

小西洋之さんは質問をクイズ形式にされ、言葉に詰まってしどろもどろになる醜態を、まさに公共の電波でさらしてしまいます。

小西洋之さんは物笑いのタネにされていたことを、さらに田原総一朗さんにより、過去に自分が仕掛けた窮地へと追い込まれることになります。

 

 

 

【標的は安倍総理のはずが…】

 

小西洋之,落選 無能,炎上 居眠り,クイズ王,安倍総理

出典:アゴラ

国会のクイズ王として、小西洋之さんが頭角を現したのは13年当時なります。

注目を集めたのは3月末の参院予算委員会となり、そこでの国会答弁のやりとりが、小西洋之さんによる安倍総理への国会クイズ大会と、いまだに称されてしまう出来事になります。

当時、安倍総理に対してのクイズ大会をおこなったことについて、小西洋之さんは確信犯と主張したみたいです。

あえて安倍総理をキレさせる真似をしたということですが、

これは国会中継をみていた多くの視聴者まで不快にさせてしまい、だから国会クイズ大会と称されてしまうのでしょう!

実際に今になってみれば、まったく小西洋之さんのクイズ大会が機能していたと思えない結果となり、これでは国会議員として無能ぶりを指摘されても、さすがに仕方がない存在かもしれません。

 

 

 

まとめ

 

今回は政治家の小西洋之さんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

 

この記事を書いた結果!

スポンサードリンク

・民進党の参議院議員だが、同姓同名が俳優をはじめ有名人でも複数存在するほど。

・すでに次は落選してほしいと有権者の主張がネットに目立ち、無能ぶりを指摘される。

・代表的な無能ぶりとして、国会中の居眠りについてネットで炎上騒動になり反感を買う。

・さらに象徴的な出来事として、未だに13年当時の言動から国会のクイズ王と嘲笑される。

・国会答弁のやり取りで安倍総理を相手に、国会クイズ大会と称される質問を執拗にした。

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)

 - 政治家