芸能レジスタンス

旬な芸能情報をお届け♪

徳永優樹は鉄道オタク!障害がある?のど自慢チャンピオン大会優勝者!

   

スポンサードリンク

みなさんこんにちは!

今回は演歌歌手の徳永優樹さんをご紹介したいと思います。

障害・函館慕情・鉄道オタク・のど自慢チャンピオン大会というワードで調べていきたいと思います。

徳永優樹 鉄道オタク 障害 のど自慢チャンピオン大会

出典:www.universal-music.co.jp

スポンサードリンク

プロフィールと経歴を確認!

 

徳永優樹 鉄道オタク 障害 のど自慢チャンピオン大会

出典:www.youtube.com

【本名】徳永優樹

【生年月日】1995年2月20日

【出身地】大阪府大阪市

【身長】163cm

漢字のところをひらがなにしていますが、本名で活動されていたんですね。演歌界では珍しいのではないでしょうか。

地味なイメージのある演歌ですが、なぜか歌手の名前はキラキラネーム張りの名前が多いような気が…。

しかも徳永ゆうきは、まだ21歳ではありませんか!

デビューは2013年となっていますから、18歳のころだったということです。

ずいぶんと若いですが、ご両親が演歌好きということで、幼い頃から演歌への親しみはあったといいます。

憧れの歌手は三波春夫さんだといいますから、筋金入りですよね!ご両親から、演歌の英才教育を受けられていたのかもしれません。

 

 

 

障害があるって本当?

 

徳永優樹 鉄道オタク 障害 のど自慢チャンピオン大会

スポンサードリンク

出典:xn--vekw70ybyi.com

徳永ゆうきは、その独特の風貌から「障害があるのではないか?」と言われています。

確かに、実際の年齢を聞くと驚く人がほとんどだと思いますし、服装もやけに子供っぽいものを着ることが多いですよね。

しかし、徳永ゆうきに障害があるという事実は見つけられませんでした。年齢不詳の顔立ちや、ステージに立つと妙に落ち着いた物腰などが「ただ者ではない!」という印象を強く与えるのでしょうね。

徳永ゆうきの年齢を一発で当てるのって、本当に難しいと思います…。それに、この若さで演歌が大好きで演歌歌手になってしまうなんてなかなかいません。

そうした独特の生い立ちが、表情にも表れていると思います。インパクトがあって、演歌ファンでなくとも一度見たら忘れられない人ではないでしょうか。

歌が決め手の演歌歌手とはいえ、今はビジュアル面も大事です!

氷川きよしのようなイケメンも素敵ですが、徳永ゆうきの素朴さも奥さま方の心を掴みやすいのではないでしょうか。

徳永ゆうき表情が、大型ねずみのカピバラに似ていることから、徳永ゆうきのイメージキャラクターとして「カピやん」が作られました!ちょっと「クレヨンしんちゃん」に似ている!と思うのは私だけでしょうか…?

スポンサードリンク

 

 

 

新曲!函館慕情

 

徳永優樹 鉄道オタク 障害 のど自慢チャンピオン大会

出典:www.youtube.com

徳永ゆうきは、2016年3月23日に「函館慕情」というニューシングルが発売されることが決まっています!

ニューシングルといっても、CDの他にカセットテープの発売も予定されているあたり、やっぱり演歌らしいなと思いますね。

キャッチコピーは、「徳永ゆうきが望む本格演歌!」です。函館といえば、日本を代表するロマンチックな夜景を楽しめる場所ですよね。

そんな函館を舞台に、思いを寄せる男性への女心を、徳永ゆうきが独特の節回しで歌いあげる…ということです!

若干21歳にして大人の恋愛を歌い上げるなんて、演歌のプロは違いますねー。試聴などはまだ解禁されていませんが、ぜひ聞いてみたいところです。

 

 

 

鉄道オタク疑惑

 

徳永優樹 鉄道オタク 障害 のど自慢チャンピオン大会

出典:www.youtube.com

また、徳永ゆうきは「鉄道オタク」とうわさされていますが、これは本当のことみたいですね。

プロフィールにも「趣味は鉄道」と書かれており、特に鉄道に絡めた写真を撮ることが趣味の「撮り鉄」なのだとか。

さらには、電車に乗って車窓から風景を見ながら「電車の音を聞く」ことが大好きだといいます。

特に、電車が橋の上を渡るときの音が大好きなのだとか!…マニアックなシチュエーションですよね!

加えて、「駅員さんのモノマネ」もマスターしているとのことで、インタビューを受けた際にスタッフの前で熱く語り、モノマネを披露していたということです。のめりこんだら一直線の性格のようですね。

 

 

 

のど自慢の成績と選曲がシブい?

 

徳永優樹 鉄道オタク 障害 のど自慢チャンピオン大会

出典:www.youtube.com

徳永ゆうきが演歌歌手としてデビューするきっかけとなったのは、NHKののど自慢大会でした。

2012年ののど自慢でグランドチャンピオンを受賞し、現役高校生ということでも注目を浴びました。

そんな徳永ゆうきののど自慢での選曲は、なんと大川栄策の「はぐれ舟」!シブい選曲ですよねー!

しかし、これを歌うことができるというのはよほどの歌唱力があるという証拠です。実際に、ゲストとして臨席していた氷川きよしは「素晴らしかった!貫禄があった」と徳永ゆうきのことを評価しています。

単に演歌が上手というだけでなく、聞き手の心に響く奥深さがあったのでしょうねぜひ、ホスト氷川きよしとして活躍を続けていただきたいと思います。

 

 

 

この記事のまとめは…

 

・障害はない!

・新曲!函館慕情に注目!

・鉄道オタク!

・のど自慢の成績と選曲がシブい!

以上のようになりました。

個性派でありながら、実力ある演歌歌手の徳永ゆうきを今後とも注目していきたいと思います!

おすすめ記事(広告を含む)

 - 演歌歌手