芸能レジスタンス

旬な芸能情報をお届け♪

ホラニ龍コリニアシの嫁はどんな人?元吹奏楽学部で大和魂のタトゥーがある!

   

スポンサードリンク

 

みなさん、こんにちは!

今回はラグビー選手のホラニ龍コリニアシさんをご紹介したいと思います。

嫁・吹奏楽・大和魂・タトゥーというキーワードで調べていこうと思います。

 

ホラニ龍コリニアシ,嫁,吹奏楽,大和魂,タトゥー

出典:時事ドットコム

スポンサードリンク

プロフィール

 

ホラニ龍コリニアシ,嫁,吹奏楽,大和魂,タトゥー

出典:フクタロウドットコム

選手名:ホラニ龍コリニアシ(ホラニ りゅうコリニアシ)Holani Ryu Koriniasi

旧名:コリニアシ・ホラニ

年齢:34歳

生年月日:1981年10月25日

出身:トンガのヌクアロファ

出身校:埼玉工業大学 情報工学科

血液型:B型

身長:188cm

体重:111kg

靴のサイズ:cm

趣味:ドライブ、車のカスタム、読書、映画鑑賞

所属:パナソニック ワイルドナイツ ※2006年から

 

 

 

【日本代表で活躍する万能FW】

 

ホラニ龍コリニアシ,嫁,吹奏楽,大和魂,タトゥー

スポンサードリンク

出典:RUGBY REPUBLIC(ラグビー共和国)

名前だけ見るとお笑い芸人か、何かのグループ名のような印象を受けますが、ただしラグビー選手だと聞くと納得する人が多いでしょう。

ホラニ龍コリニアシさんはトンガ生まれ、やはりラグビーの強豪国のイメージでしょう!

ポジションはナンバーエイトNo8、フランカーFLになりますが、昨15年のラグビーワールドカップ以来、にわかにラグビー熱が高ります。

ただしポジションだけだと、まだなかなか伝わりにくいですが、

フランカーの位置とされる3列目でスクラムを組む、FWのリーダーになります。

だからホラニ龍コリニアシさんは攻撃側の選手となり、すでに07年に帰化して日本国籍を取得します。

日本代表にも選出され、翌08年より日本代表に選ばれて以来、スタメンの座を確保するレギュラーメンバーの1人。

日本国籍を取得してから急成長したと評価され、日本代表の中心選手として活躍が続きます。

もちろん15年のラグビーワールドカップでも、大活躍した主要選手の1人になります。

ホラニ龍コリニアシさんは万能FWと称されながらも、昨15年のラグビーワールドカップを約4か月後に控えた5月にリザーブメンバーに選ばれ、

ようやく日本代表の初キャップを獲得できるテストマッチデビューのチャンスがめぐってきました。

13年から日本代表の合宿に初参加しますが、その後に前十字靭帯を断裂など故障を経験し、復帰してからも負傷が多くなりがちでしたが、

着実にチャンスとつかむことでラグビーワールドカップの活躍につなげました。

 

 

 

【嫁も元アスリート!】

 

ホラニ龍コリニアシ,嫁,吹奏楽,大和魂,タトゥー

出典:パナソニック

現在ホラニ龍コリニアシさんは、パナソニック ワイルドナイツに所属しますが、

06年に三洋電機ワイルドナイツ入りを果たしていますが、それが現在のパナソニックになります。

また弟がいて、ホラニ・龍シオアペラトゥーさんとなり、同じパナソニック ワイルドナイツに所属する選手になります。

スポンサードリンク

だいたいラグビー選手で日本で活躍していると既婚者が多いですが、

やはりホラニ龍コリニアシさんもすでに嫁がいて、家族は娘と息子が2人いることを明かしています

おそらく弟も一緒に暮らすらしく、それなりに大所帯の家庭になるみたいです。

しかも嫁は元バレーボール選手で、トンガと日本のハーフになります。

さらにホラニ龍コリニアシさんの伯父さんが、

元日本代表の選手だったノフォムリ・タウモエフォラウさんになるので、まさにスポーツ一家の環境でしょう!

 

 

 

【中学時代は吹奏楽部!】

 

ホラニ龍コリニアシ,嫁,吹奏楽,大和魂,タトゥー

出典:グノシー

ホラニ龍コリニアシさんについて注目して、もっとも驚いたのは、ラグビーは日本にくるまで経験がなかったと!

だいたいラグビー経験があって来日して、所属クラブで活躍することで、日本に帰化するというのが、元外国人選手で日本代表の王道バターンの印象があります。

まずホラニ龍コリニアシさんは16歳のときにトンガから、埼玉県深谷市の埼玉工大深谷高校へ留学します。

また以前の取材に対して伯父さんとなる元日本代表の選手だった、ノフォムリ・タウモエフォラウさんに誘われたことが、ラグビーを始めたきっかけだそうです。

それまでホラニ龍コリニアシさんは、トンガにいた頃の中学時代は吹奏楽部に所属して、トロンボーンを担当したそうです。

日本代表で、これほど活躍する実績を残す実力の持ち主ですから。

現在は正智深谷高校となる埼玉工業大深谷高校からラグビーを始め、すでに3年のときに花園として知られる、全国高校大会で見事に準優勝を飾ります。

伯父さんの勧めがあってラグビーを始めることになり、ホラニ龍コリニアシさんは運にも恵まれたのかもしれません。

 

 

 

【大和魂に込める思い】

 

ホラニ龍コリニアシ,嫁,吹奏楽,大和魂,タトゥー

出典:サンスポ SANSPO.com

ホラニ龍コリニアシさんは現在ラグビー日本代表として活躍することから、

ラグビーは日本に来てから始めることになったので、自分を外国人だと思ってないそうです。

日本でラグビーを始めて、今の実力まで成長したことでも、なおさら日本人であると意識するみたいです。

だから戦う日本の男の気持ちが感じられるという理由で「大和魂」と、左腕にタトゥーを入れることでも知られます。

そしてホラニ龍コリニアシさんは、日本国籍を取得したときから「龍」の字を名前に入れて、名乗ります。

これは母親の名前の「リウメイ」に由来しますが、もう1つは来日して入学した埼工大深谷高時代の友人が早逝したことが影響します。

その戒名の「青龍由心」にちなむことも、「龍」の一文字に秘められています。

 

 

 

まとめ

 

今回はラグビー選手のホラニ龍コリニアシさんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

 

この記事を書いた結果!

・昨15年に開催されたラグビーワールドカップの主要メンバー、万能FWとして有名選手。

・パナソニック ワイルドナイツに所属、07年に帰化して日本国籍を取得して急成長した。

・16歳でトンガから来日、埼玉工大深谷高校時代から伯父さんに誘われラグビーを始める。

・トンガで中学時代は吹奏楽部でトロンボーンを担当、弟もラグビー選手で所属が同じ。

・日本でラグビーを始め日本人の意識が強く、左腕には「大和魂」のタトゥーを入れる。

という結果になりました。

オススメ記事

 - アスリート