芸能レジスタンス

旬な芸能情報をお届け♪

ぼんちおさむは障害や病気を抱えている?癖ではなくトゥレット症候群!

   

スポンサードリンク

 

みなさん、こんにちは!

今回ザ・ぼんちのぼんちおさむさんをご紹介したいと思います。

ザぼんち・癖 クセ・障害 病気・息子 居酒屋というキーワードで調べていこうと思います。

ぼんちおさむ,ザぼんち,癖 クセ,障害 病気,息子 居酒屋

出典:rubese.net

スポンサードリンク

プロフィール

 

ぼんちおさむ,ザぼんち,癖 クセ,障害 病気,息子 居酒屋

出典:ニューヨークビズ

芸名:ぼんちおさむ

本名:長瀬修一(ながせ しゅういち)

年齢:64歳

生年月日:1952年12月16日

出身:大阪府大阪市

出身校:興國高等学校 卒業

血液型:O型

身長:170cm

体重:65kg

靴のサイズ:cm

趣味:ジャズやR&Bやブルースを歌うこと ※バンドを組んでいる、ジョギング、タップダンス

所属:吉本興業

 

 

 

【80年代の漫才ブームで活躍したザ・ぼんち】

 

ぼんちおさむ,ザぼんち,癖 クセ,障害 病気,息子 居酒屋

スポンサードリンク

出典:タワーレコード

なかなか全国区では、ザ・ぼんちと聞いてもピンとこない視聴者が多いかもしれません。

もちろんお笑いの漫才コンビだとは知っているし、ネタもみたことがある人が多いでしょう。

しかし、どうしてもザ・ぼんちは大阪を拠点にするお笑いコンビなので、どちらかというと関西以外ではお正月など、限られた時季に見かける芸人の1組になってしまいます。

それとも昔の漫才ブームの特集番組で、いかに過去ザ・ぼんちが人気だったかという内容でみたことはあるでしょう。

だからリアルタイムで知るのは、それなりに年代高めになってしまいます。

ザ・ぼんちのぼんちおさむさんは、かつて「おさむちゃんで~す」などギャグの持ち主で、80年代前半に巻き起こる漫才ブームの中心的な存在とされます。

しかし80年代が、そもそも30年も昔の話なので、未だに漫才ブームを熱く語られてもピンとこないのは、時間の経過した長さを考えれば仕方がないでしょう。

ぼんちおさむさんはザ・ぼんちとして、現在もコンビを続けるので、ボケを担当します。

ただ一時ザ・ぼんちは解散しましたが、04年に再結成されました。

解散当時、ぼんちおさむさんは俳優に転身し、かつてテレビ朝日系で放送されたテレビドラマ「はぐれ刑事純情派」にて里見刑事役として、長年レギュラー出演したほど、それなりに役者で活躍しました。

しかし再結成を機に、長年レギュラーを務めた里見刑事役を降板する決断を下します。

それからは関西の劇場を中心に活動する漫才師として、ザ・ぼんちのぼんちおさむさんは再び、お笑い芸人の日々が続きます。

 

 

 

【クセがすごいと話題になる】

 

ぼんちおさむ,ザぼんち,癖 クセ,障害 病気,息子 居酒屋

出典:Gooブログ

現在お笑いの本拠地の関西で活躍することから、ぼんちおさむさんは年齢的にも師匠クラスになります。

だから関西のお笑い芸人であれば、おさむ師匠として、ぼんちおさむのことをトークで語ることがあります。

どちらかというと、ぼんちおさむさんについて全国的には、そちらのトークからおなじみの印象になってしまうかもしれません。

ただ大阪には数多い師匠クラスが存在しますが、なかなか全国区でも知っているとなれば限られ、

スポンサードリンク

やはり西川きよしさんが代表的な存在に映ります。

それ以外であれば、ぼんちおさむさんは登場する率が高いイメージがあり、師匠クラスでは有名になるでしょう。

そのくらい、ぼんちおさむさんが関西芸人のなかでも、個性的な存在だと伝わります。

だから、ぼんちおさむさんについて「クセがすごい師匠」として、関西では番組で紹介されるほど。

なんとなく師匠クラスになれば、芸人は誰しも癖が強そうですが、そのなかでも、ぼんちおさむさんは際立つ存在だから、東京で活躍する芸人からも話題にされやすいのでしょう!

 

 

 

【病気や障害にしたがるのがネット!】

 

ぼんちおさむ,ザぼんち,癖 クセ,障害 病気,息子 居酒屋

出典:kyoto-Inet

ただ関西芸人の間や、お笑い好きなら「クセがすごい師匠」で通りますが、なかなか最近の風潮だと、癖だと笑いものにする!と、すぐネットはバッシングしてしまいそうです。

だから全国区でネタとして紹介するのは、難しい理由になるでしょう。

それとも逆に、ぼんちおさむさんの癖を過剰なくらいに騒ぎ立てるのがネットです。

必要以上に、悪意をもった情報発信が目立つ危険性さえ考えられるので、なかなか「クセがすごい師匠」の話題は、これも難しい理由になってしまいそうです。

だから身内ネタは、かなり以前より公開されなくなりました。

ぼんちおさむさんにしても「クセがすごい師匠」の癖について、本人がカミングアウトして障害を告白するなら話は別ですが。

やたら、ぼんちおさむさんについて病気のような深刻な症状に書き立て、ネットは「トゥレット症候群」という障害にしたいらしい。これはチックの一種の病気ともみられます。

もし、ぼんちおさむさんが「トゥレット症候群」だとしても、本人が告白しないのであればネットが噂の範囲で騒ぎ立てるのは、むしろ人道的にどうなんでしょうね?

 

 

 

【息子の居酒屋が人気!】

 

ぼんちおさむ,ザぼんち,癖 クセ,障害 病気,息子 居酒屋

出典:立ち呑みダイエットの日々

実際のぼんちおさむさんは音楽をこよなく愛し、趣味でバンドを組むほどなので、なかなか知られてない一面では?

だから事務所プロフィールの趣味に、ジャズやR&Bやブルースを歌うことを好むのが伝わるので意外性が高いでしょう。

そういう一面もあることの方がギャップから興味深いのに、あまり芸人仲間が紹介しないのなら、そちらでネットが機能すればいいのに!

他にも、ぼんちおさむさんだと、なかなか私生活がみえませんが、もちろん家庭を築きます。

現在の年齢的に子供たちは成人に達するのは当然なので、すでに社会人として仕事に従事します。

スポンサードリンク

ごく一般人として生活しますが、ただ、ぼんちおさむさんの息子さんは居酒屋を経営するということで、地元の大阪では有名らしい。

しかも大阪らしい居酒屋なので、関西旅行で立ち寄りたいと思う人が多いでしょう。

場所も梅田の繁華街だし、いわゆる阪急のガード下なので雰囲気があり、立ち飲み屋「大阪屋」という居酒屋です。

しかも利用者によると、だし巻き卵など、ちゃん作って出してくれるとは味わい深い居酒屋らしく、魅力的な大阪のスポットですね!

 

 

 

まとめ

 

今回ザ・ぼんちのぼんちおさむさんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

 

この記事を書いた結果!

・全国区ではお正月お笑い番組で漫才ネタをみるイメージ、ザ・ぼんちのボケの方になる。

・大阪を拠点に劇場など中心に活躍する漫才コンビなので、師匠クラスになるほどの存在。

・大阪ローカルの番組で「クセがすごい師匠」として紹介されるが、なかなか広まらない。

・癖だとしてもネットはすぐ障害や病気にしたがり過剰に騒ぎ立て、難しい話題になる。

・息子がやる居酒屋が人気店らしく、訪れた内容からして魅力的なので大阪観光に注目!

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)

 - 芸人