芸能レジスタンス

旬な芸能情報をお届け♪

大濠ハンナの喋り方が変!日本語に障害ありだが日本生まれの日本育ちだった!

   

スポンサードリンク

 

みなさん、こんにちは!

今回ハーフタレントの大濠ハンナさんをご紹介したいと思います。

事務所・障害 喋り方・日本語・英語というキーワードで調べていこうと思います。

大濠ハンナ,事務所,障害 喋り方,日本語,英語

出典:みれパパブログ

スポンサードリンク

プロフィール

 

大濠ハンナ,事務所,障害 喋り方,日本語,英語

出典:OLIVIA

芸名:大濠ハンナ(おおほり ハンナ)

年齢:29歳

生年月日:1987年10月23日

出身:福岡県博多

血液型:O型

身長:167cm

靴のサイズ:25cm

趣味:猫カフェに行くこと

特技:バドミントン

所属:スターレイプロダクション

 

 

 

【また、おバカキャラ?】

 

大濠ハンナ,事務所,障害 喋り方,日本語,英語

スポンサードリンク

出典:Imgrum

ちょうど1年前の時期に、ベッキーさんによるゲス不倫が発覚したことで、芸能界は激震が走りました。

それ以来、すっかりハーフタレントの勢いがなくなる印象があります。

一時は人気モデルのローラさんを中心に、空前のハーフタレントブームというくらい、ハーフが一大勢力というほどに注目を集めました。

だから当時ハーフタレントに限らず、ハーフ芸人も注目度が高まり、現在は芸能界のハーフは多様化し、国籍の幅広さにも驚かされるほどでした。

きっと大濠ハンナさんは、その当時のブームに乗りたかった1人でしょうが、

ハーフブームの頃からロンドンハーツの新人発掘コーナーに登場したことでも、存在を知っている視聴者がいるかもしれません。

ただし大濠ハンナさんのことは、まだまだ知名度を期待できるハーフタレントではないでしょう。

しかも当時のハーフブームからも察せられますが、今やハーフというだけでは、なかなか頭角を現すことは難しい時代になりました。

だから独自の個性化が求められますが、大濠ハンナさんはどうやらおバカキャラということのようですが、すでに既視感がたっぷりで不安な印象しか与えませんが!

ハーフタレントでも最近なら藤田ニコルさんが、辛うじてブレイクした存在になりますが、そろそろトーンダウンの雰囲気が漂います。

しかも藤田ニコルさんはハーフタレントでおバカキャラでしたから、大濠ハンナさんはその二番煎じにしか映らないのに、そのままゴリ押しするのは、まさに不安要素しか見当たりません!

 

 

 

【りゅうちぇるの事務所は、あの人も所属!】

 

大濠ハンナ,事務所,障害 喋り方,日本語,英語

出典:Imgrum

しかも人気者だった藤田ニコルさんの二番煎じ感がありありとは、過去にも経験したと思い出すほど、そこでもまた既視感があります。

ハーフタレントの二番煎じとは、おそらく多くの視聴者にとって不快な記憶が残るであろう存在が、水沢アリーさんではないでしょうか?

まさに水沢アリーさんは、当時に大人気だった美女モデルのローラさんの愛されキャラを、そのままパクった二番煎じ感が丸出しのタイプでした。

しかもローラさんの仕草や言葉までパクるのに、それが地だと言い張り続けるような押しつけがましさに、すっかり視聴者に嫌悪感しか与えない存在でした。

スポンサードリンク

その水沢アリーさんと、大濠ハンナさんは同じ事務所だと知ると、藤田ニコルさんのハーフタレントでおバカキャラをパクったとしても、やりそうだという印象をもたれてしまいます。

現在りゅうちぇるさんがブレイク中なので、同じ事務所として強調してきますが、大濠ハンナさんは、実は水沢アリーさんとも同じ事務所というからくりが隠されています。

しかも藤田ニコルさんの二番煎じ感がこれだけ強いキャラだと、事務所ではりゅうちぇるさん押しでも、どうしても水沢アリーさんの影がちらついてしまいます。

 

 

 

【喋り方まで二番煎じをゴリ押し?】

 

大濠ハンナ,事務所,障害 喋り方,日本語,英語

出典:Imgrum

だからネットでは、すでに大濠ハンナさんの喋り方に違和感が強いと、キャラ疑惑により埋め尽くされるほど。

しかも大濠ハンナさんはまだwikiもないので、これから事務所としては売り出したいのでしょう。

しかし、すでにキャラについて疑いの視線しか向けられないのに、そのままキャラを水沢アリーさんと同様に、大濠ハンナさんについてもゴリ押しするつもりでしょうか?

しかも大濠ハンナさんまでも喋り方が違和感が強いことで、障害があるのでは?という指摘がみられます。

もしかしたら喋り方に障害があると疑問視されるほどであれば、大濠ハンナさんの地かもしれませんが、残念ながらタイミング的にも水沢アリーさんの後だと、ますます悪いイメージしかもたれないでしょう。

事務所のスターレイプロダクションは、なぜ水沢アリーさんで失敗しているのに、同じ過ちをまた繰り返すような真似をしようとするのかと不思議です。

いくら現在りゅうちぇるさんがブレイク中とはいえ、さすがにキワモノ系なので定番化するのは難しい存在でしょう。

あまり調子に乗っていると、りゅうちぇるさんまでも水沢アリーさんの二の舞になる転落ぶりを、避けられないかもしれませんよ!

 

 

 

【英語どころか、日本語まで不自由?】

 

大濠ハンナ,事務所,障害 喋り方,日本語,英語

出典:Imgrum

ハーフブームがあり、いくら血筋はハーフになろうと、日本で生まれ育つと日本語しか話せないというのは自然なことと、よくわかる現象でもありました。

もしハーフタレントとして登場しても、いつから日本滞在か、もしくは家族など日常生活の周囲の環境によって、不自然さを疑問視されてしまいます。

そもそも、その原因をつくったのが水沢アリーさんになりますが、そのまま大濠ハンナさんに厳しい視線として向けられるのは避けられないでしょう。

すでに大濠ハンナさんは日本語がおかしいと疑惑をもたれ、英語圏のハーフで英語が話せないとなれば、どうしても日常会話に日本語を使うのが当然になるはず。

それで日本語に違和感があれば、ハーフであろうと疑問視されます。

大濠ハンナさんはそのままのキャラを続けるのは、水沢アリーさんのように無理があり、すでに短命になることを覚悟した方がいいかもしれません。

 

 

 

まとめ

 

今回ハーフタレントの大濠ハンナさんをご紹介しました。

みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。

 

この記事を書いた結果!

・一般的には知られてないハーフタレントになるが、おバカキャラとして売り出し中?

スポンサードリンク

・藤田ニコルの二番煎じ感が強い印象しか与えないのに、同じ路線でゴリ押し疑惑が!

・しかも二番煎じの前科のある水沢アリーと同じ事務所、りゅうちぇるでも隠し切れない。

・水沢アリーで大失敗するのに、ハーフタレントを偽装するのか喋り方がおかしいと指摘。

・英語が話せないなら、日常会話は日本語のはずなのに、その日本語がおかしいとは不自然。

という結果になりました。

おすすめ記事(広告を含む)

 - タレント